Event

「さくらおろち通信」第51号を発行しました

島根県雲南市と奥出雲町にまたがる、尾原ダム・さくらおろち湖周辺地域の自然とそこに暮らす人の営みを元気なものにしていくNPOの情報発信紙です。


PDFのダウンロードはこちらから。


まずは先月の出来事レポート3本です。
+++++++++++++++++++++++++++++++++++

下布施の畑で収穫体験

  「さくらおろち湖の里山ボランティア」は今年で3年目になります。年6回のシリーズで、松江・出雲の下流域から尾原ダムをとりまく水源地域を訪れる体験型環境学習会です。その第1回を7月4日(土)に開催しました。
 題して「夏の畑で収穫体験」。主会場は下布施にある槻之屋ヒーリングの農場です。松江、出雲、安来からの12名が「土にふれて自然を楽しみたい」などを目的にそれぞれが収穫体験を楽しみました。参加者は、野菜と土の話を本当に熱心に聞き入り、「知らない野菜、おいしい野菜に出会え、自然を守る事の大切さを実感しました」との感想も。
 食べ物を育てること、つくること、いたただくことの意味を、しっかりと伝える場を今後もつくっていきたいものです。次回は「山の仕事」をテーマに8月8日に開催です。

20150704-DSC_003402
槻之屋ヒーリングの斉藤さんを講師に、農地保全のお話を伺いました。参加者からはびっくりするほどさかんに質問がありましたよ

20150704-DSC_005202
▲ズッキーニを収穫!
 

+++++++++++++++++++++++++++++++++++
小学校の環境学習と写生会


 三沢小学校の児童を対象とした環境学習として、6月24日に、尾原ダムと水の歴史と写生会を、7月14日にはダムの見える牧場での酪農体験と写生会を開催しました。
 ダムの大きさを身体で感じてていねいに描くこと、牛が草をはむ音を聞きながらその姿をとらえて描くこと、それぞれが自然と人との関係を理解していく一歩になっていったらと思いました。

image
「でっか〜」「すっげ〜」。そう、尾原ダムはこの副ダムのそばからだと60メートルほどですね。

P1100878
▲ていねいに書き込む子が多かったです。真面目です

image
▲牧場の仕事について。教室と違うのは、仕事をしているその人が話していることと、牛が隣にいること。

image
▲最初はこわかったけれど。。。牛に観察されている気にもなります

image
集中してかきます。

 
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
竹の焼き畑実験〜準備作業着々!

  島根大学の学生と森林資源系の研究室、NPO法人さくらおろちが協働で進めている「竹の焼畑実験」ですが、竹の伐採と伏込み、防火帯整備が進んでいます。7月下旬までに12回の整備活動を行い、6月27日に島根大で北川泉名誉教授(島根大元学長)を講師に講演会を開催したり、勉強会を重ねています。火入れは8月23日か24日から1週間のうちで予定しています。蕎麦、大根、カブをまく予定です。
 
スクリーンショット 2015-08-12 14.49.10
▲焼き畑講演会のときの様子。40名前後の聴講がありました。

image
▲地道な作業がつづきます。


+++++++++++++++++++++++++++++++++++
●今月のさくらおろち湖!7月末〜8月
+++++++++++++++++++++
++++++++++++++
▼7月23日〜31(月)
「おろちの水を探せ〜尾原ダム・さくらおろち湖の真夏の水源学習ラリー」
https://www.facebook.com/events/636680043131592/
 
▼7月26日(日)
「おろちの水を探せ〜尾原ダム・さくらおろち湖の真夏の水源学習ラリー」
https://www.facebook.com/events/636680043131592/

▼8月1日(土)
Soba Italiano! 〜蕎麦と夏野菜をイタリア家庭料理で〜さくらおろちの食べごと塾
https://www.facebook.com/events/1612483202368562/
 
▼8月8日(土)
「山の仕事と自然体験」
さくらおろち湖の里山ボランティア、今年の第2回目です。テーマは「山」と「森」。
facebookページはこちら

https://www.facebook.com/events/1612483202368562/
 
◉参加費(昼食代含む)
大人ひとり 2000円
小学生以下ひとり 1000円
◉集合場所(集合場所からのバス移動は無料)
①島根県庁前(本庁舎殿町郵便局付近)7:50集合→8:00出発
②宍道ふるさと森林公園(学習展示館前))8:40集合→8:50出発
③道の駅おろちの里(観光案内コーナー、お手洗い隣)9:40集合→9:50出発
※自家用車でお越しの方は③への集合が便利です。
※送迎バスでの帰路はおよそ③15:20出発→②16:00出発→①16:30到着の予定です。
④道の駅たたらば壱番地(送迎に関してはご相談ください)
※広島バスセンター方面から高速バス利用でお越しの場合、往路はたたらば壱番地へ9時44分着。復路はたたらば壱番地16時53分発の便があります。
◉申込方法:このウェブの問合せフォームか、下記申込先までFAXかお電話にて参加希望日、住所、氏名、参加人数、連絡先、集合場所をお知らせ下さい。返信をもって受付完了とします。
◉申込締切:8月6日の17時まで
◉2015年度さくらおろち湖の里山ボランティア全6回
①7月4日(土)夏の畑で収穫体験
 〜子どもたちの給食へ地域の野菜を!食の安全は地域の宝!→済
②8月8日(土)山の仕事と自然体験
 〜子どもたちの植えた苗木を守ろう!
③9月5日(土)竹筒ごはんとおもちゃ
 〜竹との友情を取り戻そう!
④10月24日(土)ごみを拾い馬と遊ぶ
 〜歩いて守ろう!さくらおろちの美!
⑤11月21日(土)山の木を使う体験
 〜人工林と雑木林、今、必要なことは?
⑥12月5日(土)里山素材のリースづくり
 〜ジャパニーズデビルと言われる葛で里山リースを!
★雨天の場合でも屋内中心のメニューを用意して催行致します。
◉申し込み・問い合わせ先
NPO法人さくらおろち
tel&fax.0854−48−0729
 
▼奥出雲山村塾〜竹山開拓・竹紙づくり
 ほぼ毎週末に活動しています。ウェブのイベント欄でご確認ください。

●会員募集中
  私たち「NPO法人さくらおろち」は、尾原ダム周辺の自然環境や伝統文化や施設といった地域資源を活かし、様々なイベントや地域活動に取り組んでいます。 また、地域の方々とともに斐伊川水系の上流域を拠点とする団体として、積極的な情報発信を行い、流域圏における交流と絆づくりを進めているところです。
 尾原ダム・さくらおろち湖をとりまく地域を、そこに暮らす住民の方々が誇りに思い、下流域に暮らす人々とともに、長く愛しあえる関係を築くために、当法人の活動にご賛同いただき活動を支援していただける会員を募集しています。
正会員▽当法人の総会において議決権を持ちます/入会金1,000円・年会費 2,000円。
賛助会員▽活動を財政面から支えてくださる会員です/入会金1,000円・年会費1,000円。
※正会員特典としては、主催行事参加費10%オフ、イベント情報のご案内、さくらおろち通信の発送(希望者のみ)。

▼ご入会のお手続きについてはNPO法人さくらおろち事務局まで問い合わせください。
 また、こちらから入力もできます。
〒699—1342 雲南市木次町平田779—1
☎0854—48—0729


平成27年(2015年)6月22日発行   第50号
発行所:NPO法人さくらおろち
〒  699-1342
雲南市木次町平田779-1
☎0854—48—0729