Event

「さくらおろち通信」第41号を発行しました

さくらおろち通信は、島根県雲南市と奥出雲町にまたがる、尾原ダム・さくらおろち湖周辺の、里山と自然とそこに暮らす人の営みを元気なものにしていくNPOの情報発信紙です。


PDFのダウンロードはこちらから。


大人気の食の縁結び♪
食べごと塾partⅣ開始!

〜水源地で夏野菜を楽しみました〜




▲「ラタトゥイユはフランス語。トマトベースの夏野菜煮込み。

 8月24日(日)、奥出雲町阿井地区、あいコミュニティセンターで、「さくらおろちの食べごと塾」が今年もスタートしました。第1回目のこの日のテーマは「水源地で夏野菜を楽しむ」。奥出雲町でとれた新鮮な夏野菜やブルーベリーを使っての調理に、松江、安来、出雲、雲南、奥出雲からあわせて17名が参加しました。メニューは「夏野菜のラタトゥイユ」「ブルーベリーのスムージー」など5品目。みずみずしい野菜の彩りとうまみをみんなで堪能しました。
 午後からは、野菜とブルーベリーを提供いただいた橋本守庸さんから、奥出雲へ移住した経緯、農園の苦労や愉しさ、やりがいをお話いただきました。終わると同時に大きな拍手が。誰もが上流水源地の大切さや食べ物をつくる営みの苦労に思いを深めたことと思います。
 次回は奥出雲町布施地区の古民家で開き、1月まであと5回の催しとなっています。お問合せは下欄の事務局まで。



水源地域とダムのこと。
聞いて、感じて、描いて

〜小学校での水源環境学習〜


 さくらおろちでは、雲南市と奥出雲町からの委託事業として、小学校での水源地域環境の教育活動を展開しています。


▲ダムの上を抜ける道から尾原の風景を描く。

 去る9月9日、奥出雲町立布勢小学校でのこと。ダムができるまでにそこにあった生活や思い出、そして移転が決まってからの考えを移転者のひとりである赤名卓大さんからお話いただく授業を持ちました。
 翌10日には先生方、児童の皆さんは尾原ダムへ出かけ、風景の奥にある人の生活を思いながら、写生に挑みました(同日、低学年はダムの見える牧場での酪農体験と牧場の写生大会)。 冬には完成した絵の展覧会を水源環境展と共に開く予定です。


▲授業が終わった後も赤名さんは質問攻め。


------------------------------------------------
映画「タケヤネの里」
1月25日上映イベントへ向けて

------------------------------------------------


 さくらおろちは、しまね自然と環境財団平成26年度環境保全活動の助成を受けて、松江市内で5回の「環境セミナー」と映画「タケヤネの里」の上映・講演会・ワークショップ、奥出雲での竹林整備活用、3つを合わせて実施します。現在、ボランティアスタッフを募集中。詳細は事務局まで。
 第1回目のテーマは、「奥出雲での実践!環境民俗学の試み〜エコロジーを問い直す」。9月26日(金)午後6時30分〜松江スティックビルでやります!

+++++++++++++++++++++++
●9月の行事予定
+++++++++++++++++++++++


▼10月19日(日)
さくらおろち湖祭り2014

 尾原ダム竣工前からはじまって、10年目を迎える(尾原ダム)さくらおろち湖祭り。この春、ホースセラピーの拠点としてのさくらおろち牧場、酪農体験のできるダムの見える牧場がオープンし、エリアの魅力は増大。
 この日はそのポテンシャルを存分に味わえます! 期待を決して裏切らない食の宝庫「テント村」も元気いっぱい、お腹いっぱいにしてくれるでしょう!
 ステージも白築純、槻之屋神楽はじめ、通を唸らせるハイレベルぶりですよ〜♪

▼10月25日(土)
さくらおろち湖の里山ボランティア
③柿をめぐる男たちのロマン


 柿の収穫とあわせ柿づくり、みざわの館での昼食、里山の植物を中心に自然の学習など。
▼開催日時・10月25日(土)10時〜15時▼定員25名▼場所…奥出雲町三沢地区(集合場所は要問合)▼参加費1000円(昼食代込。送迎バス利用者は負担金1000円プラス)▼県庁前から送迎バス有。申し込み・お問合せはNPO法人さくらおろち事務局(☎0854—48—0729)。

▼10月7日(火)
平成26年度第1回 水源地域ネットワーク会議


「ダムでつながる地域づくり」をテーマに、全国の水源地域から参加を募ってさくらおろち湖で開催されます。地元からの参加も募り、詳細は音声告知放送などでお知らせします。
▼開催日時・10月7日(火)〜8日(水)▼場所…雲南市尾原地域づくり支援センター、奥出雲多根自然博物館ほか▼主催:国土交通省/協力:NPO法人さくらおろち/後援:雲南市・奥出雲町▼お問合せはNPO法人さくらおろち事務局まで。

●会員募集中
  私たち「NPO法人さくらおろち」は、尾原ダム周辺の自然環境や伝統文化や施設といった地域資源を活かし、様々なイベントや地域活動に取り組んでいます。 また、地域の方々とともに斐伊川水系の上流域を拠点とする団体として、積極的な情報発信を行い、流域圏における交流と絆づくりを進めているところです。
 尾原ダム・さくらおろち湖をとりまく地域を、そこに暮らす住民の方々が誇りに思い、下流域に暮らす人々とともに、長く愛しあえる関係を築くために、当法人の活動にご賛同いただき活動を支援していただける会員を募集しています。
正会員▽当法人の総会において議決権を持ちます/入会金1,000円・年会費 2,000円。
賛助会員▽活動を財政面から支えてくださる会員です/入会金1,000円・年会費1,000円。
※正会員特典としては、主催行事参加費10%オフ、イベント情報のご案内、さくらおろち通信の発送(希望者のみ)。

▼ご入会のお手続きについてはNPO法人さくらおろち事務局まで問い合わせください。
 また、こちらから入力もできます。
〒699—1342 雲南市木次町平田779—1
☎0854—48—0729


平成26年(2014年)9月22日発行   第41号
発行所:NPO法人さくらおろち
〒  699-1342
雲南市木次町平田779-1
☎0854—48—0729