Event

「さくらおろち通信」第33号を発行しました。
PDFのダウンロードはこちらから。

web版



さくらおろち通信は、島根県雲南市と奥出雲町にまたがる、尾原ダム・さくらおろち湖周辺の、里山と自然とそこに暮らす人の営みを元気なものにしていくNPOの情報発信紙です。


=============================================
「ここへ移住します」と言われたい
=============================================

  NPO法人さくらおろちでは、Iターン支援事業『尾原ダム周辺の暮らしを楽しもう』の参加申し込みを絶賛受付中です!
対象は県外在住で尾原ダム周辺地域への移住に関心がある方、故郷を離れて生活しておられUターンを考えておられる方です!


 2月28日からの2泊3日で移住体験を提供するこのツアー、大きなテーマはこの地へ移住してもらうことです。観光ではなく、生活してみたいかどうかを感じるメニュー構成です。
 槻之屋ヒーリングやダムの見える丘牧場の紹介・見学、わらじ作り体験や雪道運転体験などなど。もちろん地元との交流会も、役場からの定住情報説明もあります。しかし、体験だけではありません。この地で暮らす人と出会っていただき、皆さんに何かを感じてもらいたいのです。その何かって部分を強要するつもりはありません。
 僕たちも何かを感じたいと思っています。人との出会いは何かを生み出すんではないかと思うのです。
 詳しい内容は、ホームページ(本サイト)でご覧いただくか、お電話でお問合せください。
 (担当◎藤原)

================================
農家民泊は難しく考えない!
================================


 NPO法人さくらおろちで事務局をつとめるさくらおろち田舎ツーリズム協議会では、農家民泊をやってみようかという農家の方を一軒でも待ちのぞんでおります。
 間違いやすいのですが、民宿ではなく「民泊」なのです!  違いをわかりやすくするためにあえて強引にまとめます。……「農家民泊」とは宿泊施設ではなく、農村での作業や生活の体験を求める都市生活者が、ありのままの農家に泊まることを楽しむものです。
 この「ありのまま」ということろがポイントなのです。物の準備より心の準備が大事なのかも。そこらあたりを、2月には2回のワークショップと1回の先進地調査を通して学んでいきたいと思います。
 お問合せはさくらおろち事務局まで。



 まず12月8日に、雲南市温泉交流センターで、安心院町グリーンツーリズム研究会の取り組みを学ぶ「田舎ツーリズム 講演会」を開催しました。農家民泊をはじめて17年という時枝さんのお話は、実践を重ねることで培われた経験知から発せられるもので、とても有意義なものでした。
 事務局長の植田さんも、理念に基づいてしっかりと仕組みを支える、意気に溢れたお話でした。


▲安心院町ツーリズム研究会の取り組みを講演いただいた植田さん。

 詳細については、追ってレポートを配信する予定です。

制度と実際をよく知る必要あり

 つづいて12月12日には、お隣は広島県高野町のモニターツアーの様子をJTB松江支店から伺い、また島根県の「しまね田舎ツーリズム」の取り組みをふるさと島根定住財団から説明いただきました。盛んな質疑応答、多くの意見が出ました。



▲島根県では西部で盛んな農家民泊

 農家民泊については多くの規制が緩和されていますが、事務局には、よく理解し、慎重かつ果敢な取り組みを要することが求められます。
 左にあげた計画とともに、わかりやすく、やる気と元気が生まれる広報活動を展開していきます。ご質問など、お気軽に事務局(NPO法人さくらおろち)にお問合せください。


▲農水省のホームページより

 


-----------------------------------
●過去1ヶ月の活動履歴

-----------------------------------

▼ さくらおろち湖の里山ボランティアとして12月14日(土)「リースづくりと里山の話」を奥出雲町で開催。松江市や出雲市から24名が参集しました。岩伏 山登山道での葛とりとリースの土台づくりを行った後「みざわの館」へ移動、地元の煮しめ等の皿盛りと仁多米のおにぎりで昼食。午後からは三沢公民館で里山 素材の草木のお話、そしてリースづくりを行いました。
▼写真と速報的記録はこちらです(facebookページ)





-----------------------------------
●お知らせ
-----------------------------------
▼第2回さくらおろち湖トライアスロンに参加しよう!
第2回さくらおろち湖トライアスロンが平成26年4月27日(日)に開催されます。そこで、ボランティアスタッフと当日ご出店頂ける出店者の方を募集しております。詳細はさくらおろち湖トレイルラン大会ホームページ(http://user.kkm.ne.jp/jouhou/)かfacebookページにてご確認ください。
 ロングコース・ショートコースにご参加いただける選手の方も大募集中です!!


-----------------------------------
●1月の行事案内
-----------------------------------

さくらおろち湖の里山ボランティア
⑥山の木を宝に変える

 間伐体験(または見学)の後、棒焼きパンづくりと地元加工グループのシチューを楽しみます。植菌体験をしたホダ木は持ち帰っていただきます。
開催日時:1月18日(土)10時〜15時
定員:30名(申込先着順)
場所:奥出雲町阿井地区、布勢地区、雲南市温泉地区
参加費:1000円(昼食代)
※県庁前からの無料送迎バスあり。
申し込み・お問合せはNPO法人さくらおろち事務局(☎0854—48—0729)

1月19日(日)さくらおろちの食べごと塾
④巨大とんどさんと山海の幸のおもてなし

 とんどさんでは、牡蠣や猪汁などのふるまいを受けながら交流を楽しみ、その後屋内で七草粥をつくります。
開催日時:1月19日(日)10時〜15時
▼定員満杯ですが4〜5名受入可能性あり。要問合せ
場所…雲南市尾原地区の野外会場・温泉交流センター
参加費:1000円
※県庁前と宍道の森林公園からの無料送迎バスあり。
申し込み・お問合せはNPO法人さくらおろち事務局(☎0854—48—0729)


1月26日(日)
さくらおろち田舎ツーリズム協議会先進地調査

「農 家民泊をやってみたい」方々とともに、先進地の視察・調査を行います。場所は広島県周防大島、または島根県邑智郡などで調整中です。雲南市温泉地区、奥出 雲町三沢地区・布勢地区の皆さんからのお問合せをお待ちしております。NPO法人さくらおろち事務局(☎0854—48—0729)


●会員募集中
  私たち「NPO法人さくらおろち」は、尾原ダム周辺の自然環境や伝統文化や施設といった地域資源を活かし、様々なイベントや地域活動に取り組んでいます。 また、地域の方々とともに斐伊川水系の上流域を拠点とする団体として、積極的な情報発信を行い、流域圏における交流と絆づくりを進めているところです。
 尾原ダム・さくらおろち湖をとりまく地域を、そこに暮らす住民の方々が誇りに思い、下流域に暮らす人々とともに、長く愛しあえる関係を築くために、当法人の活動にご賛同いただき活動を支援していただける会員を募集しています。
正会員▽当法人の総会において議決権を持ちます/入会金1,000円・年会費 2,000円。
賛助会員▽活動を財政面から支えてくださる会員です/入会金1,000円・年会費1,000円。
※正会員特典としては、主催行事参加費10%オフ、イベント情報のご案内、さくらおろち通信の発送(希望者のみ)。
▼ご入会のお手続きについてはNPO法人さくらおろち事務局まで問い合わせください。
 また、こちらから入力もできます。
〒699—1342 雲南市木次町平田779—1
☎0854—48—0729
E-mail
sakura-o@bs.kkm.ne.jp

【豆情報】奥出雲多根自然博物館では1月2日〜2月3日、「地球」をテーマにした惑星地球フォトコンテスト作品展を開催。入場には常設展の入館料が必要。詳細はホームページ(奥出雲多根自然博物館)にて!

【豆情報】島根県外在住の方で、田舎暮らしに興味がある方や移住を考えている方を対象に冬の暮らしを体験するバスツアーを開催します。詳細は当HPにて。


平成25年(2013年)12月21日発行   第32号
発行所:NPO法人さくらおろち
〒  699-1342
雲南市木次町平田779-1
☎0854—48—0729