Event

4月29日(日)は尾原ダム周辺にて様々な施設が新しく完成しました。

1.佐白温泉 長者の湯オープン 

奥出雲町佐白地区に新しい温泉施設がオープンしました。
名前の由来は
ヤマタノオロチ神話に登場する「稲田姫の両親が住んでいた長者屋敷」の跡地と言われる史跡が佐白にあることからだそうです。
入浴料は 大人300円・子供150円
営業時間は10:00~21:00
※入浴のみなら6:00~利用可能だそうです。
定休日は毎週火曜日
源泉かけ流しで美肌効果に優れた泉質です。
レストランも併設されているので自転車競技やボート競技の合間に立ち寄られてはいかがでしょうか?

【佐白温泉長者の湯全景】

長者の湯
佐白温泉 長者の湯URL→
http://www.chojyanoyu.jp/

2.尾原ダム本体堤頂道路「北原本郷線」開通
尾原ダム堤頂道路「北原本郷線」が開通しました。
この道路はダムサイトの上を通る道路です。
眼下に広がる風景はまさに絶景です。
あえてここでは画像は載せませんので実際に現地でご覧ください。
下記画像は亀山理事長のブログ「かいたん日記」より引用させていただきました。

【北原本郷線】
北原本郷線

3.尾原ダム竣工記念モニュメント除幕式
尾原ダム堤体左岸広場にて尾原ダム竣工記念モニュメントの除幕式が行われました。
このモニュメントは斐伊川中流域ダム構想以来ダム事業にかかわってきた同ダム移転者らの思いと足跡を後世に語り継ぎたいと、同ダム・ダムサイト付近に雲南市がモニュメントを建立しました。
制作したのは、巨石彫刻家の半田富久さん。モニュメントは御影石でつくられ、大空へ突き進んでいくような伸びやかさを表現した高さ八㍍の「空の門」、雲南の風がこの存在を伝えてくれることを願う同七・五㍍の「風の門」、多くの人が訪れてくれることを願う同六㍍の「地の門」からなる。
モニュメントの側には高さ一・五㍍の御影石の説明板があり、ダム建設の経過と移転者の思い、地域の発展を願う気持ちをつづった叙文、あゆみ(年譜)、ダム建設に伴う移転者でつくる「雲南市尾原ダム三団地連絡協議会」と、地元の「尾原地区ダム対策同盟会」の会員名が刻まれています。

【尾原ダム竣工記念モニュメント】
尾原ダム竣工記念モニュメント

4.尾原地域づくり支援センターオープン
雲南市木次町平田に「雲南市尾原地域づくり支援センター」が完成しました。
元国交省中国地方整備局斐伊川・神戸川総合開発工事事務所尾原ダム工事分室および隣接する元同ダムPR館を改修した建物です。
健康増進をはじめとした地域活動や、同ダムさくらおろち湖でのボート競技関係者らの合宿、他地域との交流活動などに活用される予定です。


尾原ダム周辺にどんどん新しい施設ができています。
ぜひ実際に来て、見て、体感して下さい。


NPO法人さくらおろち 藤原